銀行カードローンはどんなメリットがあるか

キャッシングベスト3

銀行カードローンはメリットが多い?私にどんな好都合があるのか

テレビCMなど見ても、いろいろなところがカードローンって行っていますよね。社会人になって数年経ったといっても、自分の収入はまだまだ多くなく、月によってはお付き合いなどお金の工面に苦労しています。そのため今回初めてカードローンを利用しようと思いますが、やっぱり銀行で取り扱うカードローンのほうが何かと安心でしょうか?また、どんなメリットがありますか?

銀行のカードローンは金利の低さが大きなメリットと言えます

たしかに、カードローンにひとつでも契約しておけば、ちょっと資金が必要、というときにすぐに利用でき便利なものですね。特に初めての借入れを考える場合は、大手銀行の名のつくカードローンだと安心感をおぼえる方も多いようです。

と言いますのも、銀行のカードローンとよく対比される消費者金融では過去に、法外に高い利息や厳しい取り立てなどといった、ちょっとコワいイメージが持たれていた時期もあったからです。しかし現在では法改正が進んでおり、きちんと認可された消費者金融であればそういった「コワいこと」はまず起こらないと思っていいでしょう。

ですが、消費者金融や信販会社などといったいわゆるノンバンクの貸付けでは、一般的な印象として「審査が甘いぶん金利が高い」と思われているようですね。対照的に銀行のカードローンは「審査は厳しいが金利が低い」といった印象を持たれている方が多いようです。

銀行のカードローンの審査は、たしかに厳しいと言われることがありますがなぜなのでしょう?これにはいくつかの原因が考えられますが、やはり金利の低さの影響はありますね。実際に消費者金融のカードローンと比較して上限金利を見ても、4~5%ほど低い銀行カードローンもあります。

なぜ銀行のカードローンは低金利なのかと言いますと、貸付けする人の過去の金融取引などをよくチェックして、延滞などせずきちんと返済をしているなど、信頼度が高いことをきちんと確認しているからと言えます。

「低金利」であることは、金融機関にとってはある意味リスクが高いわけです。利用者がすべて返済せずに夜逃げなんかしてしまったとしても、少ない利息しか取っていなかったので、より損失が大きくなりますからね。そのため必然的に、審査で申し込みされた方の金融履歴をしっかりチェックすることから、審査結果も厳しくならざるを得ないのです。

しかし、そういった内情を考えても、銀行カードローンの審査が厳しいという話はとかくよく耳にします。これはなぜか?銀行のカードローンは、先に述べたように人気があります。そのため審査を受ける人が多く、当たり前ですが受ける人が多ければ、審査に落ちてしまう人が多いのもうなずけることです。

その人気の理由には、やはりメリットがあります。銀行カードローンにはいま述べてきた金利の低さのほかに、総量規制と言って年収の3分の1までしか借りられないという規制がないことがあげられます。消費者金融での借入れではこの規制がかけられるため、借り入れできる額に制限がかかるのです。

たとえば年収300万円の人が、消費者金融A社から50万、B社から50万円借入れしている場合、すでに年収の3分の1を借入れしているため、さらにC社の審査を受けても落とされるであろうということです。

まずは、金利が低く借入額に制限のかからない銀行カードローンで申し込んでみるのがいいかもしれません。そこで落とされてしまうようであれば、比較的審査が優しいとされる消費者金融のカードローンの申し込みを検討する、というやり方でもいいでしょう。

銀行カードローンには3つのメリットがあります

現在、消費者向けのカードローンを展開している企業には主に消費者金融と銀行があり、それぞれに特徴的な機能が備わっています。そして、銀行カードローンの代表的なメリットと言えるのは、「金利の低さ」、「コンビニATMの手数料の無料」、「自動融資機能」の3つです。

メガバンクの銀行カードローンの金利は、4.0%~14.6%になっています。最低金利に関しては消費者金融でも4.5%程度になっているため、大きな違いはありません。また、カードローンを利用している人の平均借入額は90%以上が50万円以下であるため、限度額を借り入れた場合の最低金利は何%であってもほとんど影響がありません。

しかし、最も多い50万円以下の借入額に対する金利は銀行カードローンの金利の14.6%に対して、消費者金融カードローンの金利は通常18%になっているため、圧倒的に銀行カードローンを利用した方が得することになります。
  
そして、銀行カードローンにおける最大のメリットはコンビニATMの手数料が掛からないということです。消費者金融カードローンではコンビニATMを利用すると、1万円以下で105円、1万円を超えると210円の手数料を必ず取られます。

仮に、コンビニATMから月の初めに2万円を借りて、月末に2万円を入金したとすると420円の手数料を支払うことになります。そこで、この420円の手数料を2万円に対する30日分の利息に置き換えてみると、25.5%の金利になります。そして、消費者金融カードローンにおける2万円の貸出金利は18%なので、貸出金利よりも高いことになります。コンビニATMの手数料がいかに大きな負担であるかを証明する数字になっています。
  
また、自動融資機能というのは、カードローンを利用している銀行の口座を公共料金やクレジットカード代金の引き落とし口座に指定していた場合、仮に、口座の預金額が不足していて引き落としができなかった際には、カードローンから自動的に貸し出して口座に入金してもらえるサービスのことです。このサービスによって、滞納の事態を防ぐことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 スカイオフィスよりもお得!?→キャッシングはこちら All Rights Reserved.