借金の支払期限を変えてもらう方法はあるか

キャッシングベスト3

金融機関での借入れで支払い期限を伸ばしてもらう方法はあるの?

働いていた勤務先よりも条件のいい所を見つけて、無事転職!ところが、給与振込みの日付が今までと変わったため、次回のキャッシングの返済期日には、準備できないことに気が付きました。借り入れした金融機関にお願いして、支払期限の伸ばしてもらう方法ってあるのでしょうか?

事前に電話連絡などで対応してくれる所が多いです。必ず連絡を!

キャッシング、カードローンなどの返済金の準備が、支払の期日にどうしても間に合いそうにない、というときには、もう慌てても仕方がありません。そのことを正直に、レイクなどの借り入れしている金融機関に連絡して、なるべく事前に相談しましょう。相手は多くの人にお金を貸しているプロですから、そんな対応には慣れているのがホントのところ。こちらがきちんと誠実に「返済の意思がある」ということを伝えれば、同じく誠実に対応してくれるはずです。

その対応では、金融機関側からいくつか提案されることがあるようです。まずは、返済期日を変更してくれる場合、それと、今回は金利のみの支払にしてくれる、という場合、さらに金融機関によっては、利息などを含めた全面的な返済計画の見直しを行ってくれるところもあるようです。ただしこれらはいずれも、こちらからきちんと連絡をし、返済に遅れてしまいそうだと相談した場合の話し。やはり早め早めの連絡を心がけましょう。

また、支払い期日に遅れることをいくら事前に伝えたからといっても、遅延損害金は発生する場合があることを、ここで覚えておきましょう。遅延損害金とは遅延利息とも呼ばれ、借りた人が約束の支払期日までに返済しなかった場合に発生する損害賠償金のことです。

貸金業における遅延損害金の上限利率は、利息制限法という法律で20%までと定められています。各金融機関はその上限までならば、遅延損害金利率を自由に設定することができ、多くの業者がこの20%いっぱいに設定しているようです。これはどこの金融機関で借り入れしてもおそらく発生してしまうものなので、素直に支払うことが賢明です。

次に、支払い期限に間に合わなかった場合に、やってはいけないことを挙げていきましょう。

・金融機関からかかってきた電話の無視

これは「この利用者は支払う意志がないのかもしれない」と取られかねませんから、電話の対応はきちんとしましょう。あまりに何度も無視を繰り返すなどすると、勤務先や実家などに催促の電話が行ってしまうこともあります。正直に対応することで、金融機関側でもいろいろと返済計画について提案してくれる可能性が高いのです。

・他社からの新たな借り入れ

ついつい楽な気がするので、他社から借り入れてそのお金を返済に充ててしまう、というパターンは避けたいものです。当然新たな借り入れにも利息が付きますので、借金がどんどん増えるばかり。こういった小さな積み重ねをしてしまうことが、債務整理や自己破産といった大きな金融事故につながりかねないことを覚えておきましょう。

支払い期限に間に合いそうもない、そんなときは迷わず連絡。相手はそんな連絡を毎日山のように受けているプロです。それだけで、支払うべきものを支払わない罪悪感からも逃れられますし、正直に話すことで、今後の返済について自分でも前向きに考えることができそうですね。

金融機関に連絡をして支払い期限を伸ばしてもらう事は可能か?

キャッシングを利用する場合は、返済シミュレーションなどを利用して返済計画を立てることが大切です。しかし、返済が困難になった場合、返済期日が過ぎることでそこから遅延損害金の利息が返済額に加算されることになります。

遅延損害金は日割り計算で加算されることになる利息で、返済期日に遅れたペナルティになるものです。

また、返済期日を過ぎて3か月などの期間が過ぎることで延滞ブラックと言う汚名が期せられることになります。これは信用情報機関が管理をしている個人情報に延滞ブラックと言う記録が残るのです。延滞を行わないため、返済期日を守る意味においても返済計画をきちんと立てることが大切です。尚、返済期日にお金を返せそうもない場合は、まずは金融機関に対して電話などでの連絡を行う事が大切です。可能かどうかは金融機関の対応にもよりますが、支払い期限を伸ばしてもらうことを伝えることで返済期日を変更する事が出来る事も有ります。

これは返済期日を過ぎてから行うのではなく、返済期日前に連絡を行う事が大切なのです。

金融機関の中には期日が過ぎて返済が行われていない場合は催促など連絡が入ることが在ります。期日を過ぎることで遅延損害金を支払う事になりますし、信用にもかかわる部分です。そのため、今月の支払期日に間に合わない、お金を支払えない場合は電話などで連絡をすることが大切なのです。また、支払い期限を伸ばしてもらう事が承諾された場合は、その期限を何時にするのかを定める必要があります。期限を決めた後は、その期日に必ず返済を行う事が大切です。

尚、返済期日を延ばして貰う場合は自力で返済を行う事が重要です。事前に支払い期限を伸ばしてもらう事を伝え、いつ返済を行うのかを伝えておくことで、その間は取り立て行為などを受けることがありませんし、取り立てなどのプレッシャーを受けずに済むのです。

因みに、他の金融機関などからの借入をして、それを利用して返済を行えば多重債務者になりますので、行ってはならない行為なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 スカイオフィスよりもお得!?→キャッシングはこちら All Rights Reserved.