レイクは1週間なら何回借りても無利息か?

キャッシングベスト3

レイクって1週間までなら、ホントに何回借りても無利息なの?

レイクって1週間までなら、何回借りても無利息だというウワサを聞いたのですが、それは本当なのでしょうか?もし本当だったら、レイクに申し込みをしてみようかと考えています。

レイクでなく同じ新生銀行系の「ノーローン」が一週間無利息です

金融機関でたまに、無利息キャンペーンを行っているところがありますね。おっしゃるように、1週間や30日間と期間限定で無利息だったり、融資額の上限が5万円までは無利息、というように条件付きですが、利息が付くことなく借り入れすることができるものです。

おっしゃっている「1週間までなら何回借りても無利息」というのは、レイクではなく同じ新生銀行系の消費者金融である「ノーローン」という金融会社で行っているサービスです。

レイクは以前は消費者金融でしたが、現在は新生銀行の傘下に納まり、銀行が行っている個人向け融資の部門という位置づけに落ち着いています。ノーローンは、新生銀行グループの消費者金融です。

ノーローンで行っている「1週間無利息」のサービスですが、いつでも無利息というわけではなく、多少の条件があります。

ノーローンでの初回の借り入れは1週間無利息です。条件というのは、その後は借り入れ分を全額返済した場合であれば、翌月以降また1週間無利息で借りられる、というものです。

つまり、毎月ノーローンから借り入れをしても、毎回1週間以内に完済するという利用方法をすれば、毎月このサービスが使える、ということになりますね。

ただし8日目以降の返済になる場合、利息は利用の8日目分から付くわけではなく、超過日数分のみ付く、ということを覚えておいてください。つまり、8日借りても1日分の利息を支払えばよいわけではなく、8日分の利息が発生する、ということです。

ノーローンが行っている気になる他のサービスとして、「ノーローンポイントサービス」があります。これは支払った利息額に応じて、「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」の3コースから選んで、ポイントをためることができる、というものです。それぞれのポイントコースで特徴が違いますので、ご自分のライフスタイルに近いコースを選ぶと、いつもの返済にポイントが増える楽しみができてうれしいですね。

ほか、ノーローンは来店不要で即日融資も可能であったり、インターネットで24時間リアルタイムに取引することもできます。パソコン・ケータイから、手数料が無料で融資を受けたり、返済が可能ということも大きなポイントとなりますね。

1週間無利息やこれら他のサービスを詳しく知りたい方はノーローンのウェブサイトを一度訪問してみましょう。

レイクでキャッシング、30日または1週間の金利はいくらか

借りたお金は返すのが当たり前ですが、友人知人間の貸し借りならばともかく、金融機関で借り入れをした場合は元本だけではなく、金利も上乗せして返済しなければなりません。この金利は金融機関によって異なります。また同じ金融機関でも借入額など、諸条件によって変わりますが、利息制限法によって上限は20%と定められています。

例えば新生銀行のレイクであれば、金利は年率4.5%から18.0%となっています。ここでレイクから10万円の融資を受けたとして、30日で返済するとしたら金利はいくらになるでしょう。

先ほども記したように金利には幅があり、利用限度額や元本によって異なりますが、ここでは上限の年率18.0%で計算してみます。すると。10万円×18%÷365×30で金利が求められます。計算してみると1,479円となります。1週間ならば同様に計算して345円です。こうした金利を高いと感じるか、意外に安いと思うかは人それぞれですが、できることならより安くしたいと思うのが人情でしょう。

レイクでは初めての借り入れの場合、30日まで無利息というサービスがあります。つまり先ほど30日の場合と1週間の場合の金利を計算しましたが、これらが実際には0円で済むという、誠にうれしいサービスです。

もしあなたがお金を借りる必要ができたとしたら、いったいどの金融機関で借りるべきか。もちろん金利は重要です。さらに借りやすいこと、いくら金利が安くても借りるのが面倒、時間がかかる、そもそも審査に通らなければ意味がありません。それ以外にも返済のしやすさも重要でしょう。しかしそれ以外にもこのように一定期間無利息になるといったサービス面も見逃せません。

ちなみにレイクは30日間無利息サービスの他にも、インターネットから24時間申込ができる。審査スピードが速い。レイクはもちろん、提携先のコンビニATMでの借り入れ、返済の手数料が無料となっています。もしも急にお金が必要になったら、こういった事を思い出してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 スカイオフィスよりもお得!?→キャッシングはこちら All Rights Reserved.